迎撃専用艦の建造案を米に伝達 政府、地上イージスの代替策
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米ハワイ州にある「イージス・アショア」の米軍実験施設=2019年1月(共同)

 政府が、秋田と山口への配備を断念した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画の代替策として、弾道ミサイル迎撃に特化した専用艦建造を有力案とする方針を米側に伝達したことが5日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。安倍晋三首相は退任前の今月前半に、敵基地攻撃能力保有の方向性も含めたミサイル阻止に関する安全保障政策の新たな考えを談話の形で打ち出す意向だ。

 地上イージスの代替案と、ミサイル攻撃を相手領域内で阻止する敵基地攻撃能力の具体化は次期政権に引き継がれる。年末に結論を出す見通しだ。

 専用艦案はイージス艦よりコストの抑制が期待できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事