大阪都構想、11月1日住民投票 10月12日告示、市廃止明記も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 大阪市選挙管理委員会が開いた「大阪都構想」の住民投票に関する会議=7日午前

 大阪市選挙管理委員会は7日、「大阪都構想」の住民投票に関する会議を開いた。10月12日告示、11月1日投開票とする日程を正式に決定した。投票用紙に「大阪市を廃止」するとの文言を明記することも確認した。都構想の是非を問う住民投票は、僅差で否決された2015年5月17日に続いて2度目。

 大阪維新の会代表の松井一郎大阪市長がこの日程での実施を目指していた。ただ新型コロナウイルス感染拡大に伴う延期論もあり、松井氏は予定通りとするかどうかを告示までに判断する意向。10月中に衆院解散・総選挙があれば、前倒しして同日実施とするのが望ましいとの考えも示している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事