石破氏「東京集積は限界」 コロナ対策の消費減税否定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 インタビューに応じる自民党の石破元幹事長

 自民党総裁選に立候補する石破茂元幹事長は7日、国会内で報道各社のインタビューに応じた。持論とする東京一極集中の是正に関し「東京は集積の限界点を超えた。負荷を減らせば東京や地方の利益になると政府が発信すべきだ」と述べ、新内閣の喫緊の課題だと強調した。新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだ景気を立て直すための消費税減税は否定した。

 安倍政権の評価として「株価や企業収益が上がったのは良かったが、成長を実現する構造改革は道半ばだ」と指摘。国会論戦に消極的との批判を踏まえて「行政府には、立法府の知恵を借りる謙虚さが必要だ」と語り野党の納得を得る必要性を訴えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事