西之表市長選に現新2氏が届け出 馬毛島基地建設の賛否争点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 福井清信氏(左)、八板俊輔氏

 任期満了に伴う鹿児島県西之表市長選が24日告示され、新人で市商工会長の福井清信氏(71)=自民推薦=と、再選を目指す現職の八板俊輔氏(67)の無所属2氏が立候補を届け出た。政府が米軍訓練の移転先として計画する、馬毛島(同市)への自衛隊基地建設の賛否が主要争点。31日に投票、即日開票される。

 基地建設賛成の福井氏は基地建設に伴う国の交付金を念頭に「財源を確保し、新しい西之表市をつくる」と市政の刷新を訴えた。

 基地反対を掲げる八板氏は「基地建設は失うものの方が大きい。交付金は基地被害の見返りとして来るものだ」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事