与党、入院拒否に罰金50万円案 懲役削除含め軽減検討
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 与野党は26日、新型コロナウイルス特別措置法と感染症法の改正案の修正に向け、議題となっている5項目の検討をそれぞれ加速させた。与党内では、感染症法改正案に盛り込まれた刑事罰「入院拒否者への1年以下の懲役か100万円以下の罰金」に関し、懲役を削除した上で罰金を「50万円以下」とする案が浮上。他の規定についても野党と水面下で折衝を重ね、27日の2回目の協議で合意したい考えだ。与党関係者が明らかにした。

 自民党の森山裕、公明党の高木陽介両国対委員長らは26日、国会内で会談。27日の協議で野党の合意を取り付け、2月初旬の改正案成立を目指す方針を確認した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事