尖閣周辺での日米訓練も 防衛相「見せ方に意味」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見する岸防衛相=19日午前、国会

 岸信夫防衛相は19日の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島周辺での日米共同訓練の実施を否定しないとの見解を改めて示した。「どのように訓練を実施しているのか、その見せ方にも意味がある」と述べた。尖閣周辺で公船による領海侵入を繰り返す中国をけん制する狙いがある。

 16日のオースティン米国防長官との会談で、自衛隊と米軍の即応性強化で一致したと強調。「訓練の実施により、日米が共にあるという姿を示すのは大変重要だ」と語った。

 日米の外務・防衛担当閣僚による16日の安全保障協議委員会(2プラス2)で発表した共同文書にも、日米両国間や多国間の実践的な訓練の重要性を明記した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事