日米首脳会談は16日開催 官房長官発表、1週間先送り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 菅義偉首相、バイデン米大統領(ゲッティ=共同)

 加藤勝信官房長官は2日の記者会見で、菅義偉首相とバイデン米大統領による首脳会談を米ワシントンで16日に開催すると発表した。当初、首相は8~11日の日程で訪米し、9日に会談する予定だったが、1週間先送りした。加藤氏は「会談に万全を期すためだ」と説明。日本政府関係者は、米側が新型コロナウイルス対応を優先したことが影響したとしている。

 加藤氏は、バイデン氏が対面で会う最初の外国首脳に、首相がなることに変わりはないと強調。「米国が日本を極めて重要視している証しだ。首脳間の個人的な信頼関係を構築する上でも良い機会になる」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事