野党、14日に不信任提出を判断 自民「会期延長必要ない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見する共産党の田村智子政策委員長=11日午後、国会

 立憲民主党は11日、今国会の3カ月延長要求に対して菅政権が回答を予定している14日夜に野党党首会談を開く方向で最終調整に入った。菅政権が延長要求を受け入れなければ、内閣不信任決議案の提出を判断する構えだ。自民党の世耕弘成参院幹事長は記者会見で「(政府が)提出している法案はほとんど成立している。長期間延長する必要はない」と指摘した。

 国民民主党の榛葉賀津也幹事長は会見で、自民党の二階俊博幹事長が不信任案を提出すれば「直ちに衆院を解散する」と発言していることを挙げ「不信任案を出すなら強い覚悟が必要だ」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事