都議選最多271人、激戦本格化 衆院選にらみ支持拡大訴え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京都議選が告示され、候補者の街頭演説を聞く有権者ら=25日午後、東京都昭島市

 任期満了に伴う東京都議選(定数127)が25日に告示され、7月4日の投開票日まで9日間の選挙戦が本格的にスタートした。立候補者数は271人に上り、平成以降最多。うち女性候補は過去最多の76人となった。秋までに実施される衆院選を見据え、各候補や各党幹部らは初日から街頭などで支持拡大を訴えた。

 42選挙区のうち、小平市では定数2に対して立候補が自民党と立憲民主党の候補各1人にとどまり、無投票当選が決まった。都選挙管理委員会によると、都議選での無投票は1963年以来58年ぶり3回目。

 都内では感染が再拡大の兆しを見せており、選挙活動や投票率に影響を与えそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事