「政府の感染対策は失敗」 玉木氏、五輪中止は否定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国民民主党の玉木雄一郎代表は29日の記者会見で、東京都での新型コロナウイルス感染の急拡大を巡り「緊急事態宣言の効果が全く出ていない。政府の感染防止策は失敗している」と批判した。東京五輪に関しては「中止は現実的でない。中止しても感染者の増加は止まらない」と述べた。

 立憲民主党の枝野幸男代表も会見で「菅義偉首相の国民に対する説明と説得が全く足りていない。政府は楽観的な見通しを繰り返している」と非難。東京五輪については「この段階で中止すれば、かえって大きな混乱を招く」と指摘した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事