「一体管理」はアセスメント対象 メガソーラーの事業分割
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 環境、経済産業両省は30日、大規模太陽光発電所(メガソーラー)などの事業を分割し、一定規模以上が対象となる環境影響評価(アセスメント)を回避する「アセス逃れ」の防止策をまとめた。用地交渉や行政手続きを同じ事業者が行うなど実質的な「管理の一体性」が認められれば、同一の事業としてアセス対象になるとした。

 太陽光発電は出力4万キロワット以上でアセスが義務付けられる。しかし書類上で計画を小分けにして別事業を装うケースがあり、対応が課題だった。

 管理の一体性は、分割後の事業を担う別会社との資本関係の有無や、事業資金の調達先、関係者との契約書類なども参考に判断する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事