辺野古サンゴで審査請求へ 防衛省、許可撤回に対抗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 防衛省は1日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て予定海域でのサンゴ移植に関し、沖縄県が移植許可を撤回したことを不服として、対抗措置として、行政不服審査法に基づき、2日にも農相に取り消しを求め審査請求する方針を固めた。関係者が明らかにした。

 審査請求の裁決が出るまで許可撤回の効力を止める執行停止も同時に申し立てる。効力停止が決定された場合、防衛省沖縄防衛局は早期に移植を再開し、移設工事を進める構え。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事