緊急事態宣言の「全国拡大」提言 知事会、政府に不満表明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 全国知事会の新型コロナウイルス対策本部のオンライン会合に出席する、会長の飯泉嘉門徳島県知事(画面上段右)ら=20日午後、東京都千代田区

 全国知事会は20日、新型コロナウイルス対策に関する国への緊急提言をまとめた。デルタ株による全国的な感染急拡大と医療体制逼迫への危機感から、政府対応に強い不満を表明。都道府県を越えた人の移動を抑えるため、緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置を全国に拡大すると同時に、時限的な措置としてロックダウン(都市封鎖)のような方策の検討も重ねて要求した。近く政府に提出する。

 新型コロナ対策本部の会合をオンラインで開き、46人の知事が出席。ワクチンの供給不足で国に抗議する声や、夏休み明けの学校で子どもたちの感染が広がることを懸念する意見が相次いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事