横浜市長に野党系山中氏 首相支援の小此木氏敗北
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 山中竹春氏=6月、横浜市役所
 山中竹春氏=6月、横浜市役所 横浜市長選で当選を決め、花束を受け取る山中竹春氏(右)=22日夜、横浜市
 山中竹春氏=6月、横浜市役所 横浜市長選で当選を決め、花束を受け取る山中竹春氏(右)=22日夜、横浜市 横浜市長選で落選が決まり、支援者らに向かって頭を下げる小此木八郎氏=22日夜、横浜市

 任期満了に伴う横浜市長選は22日投開票され、立憲民主党推薦の横浜市立大元教授山中竹春氏(48)が、前国家公安委員長小此木八郎氏(56)ら7人を破り、初当選した。地元で小此木氏を全面支援した菅義偉首相には大きな打撃で、自民党総裁選と次期衆院選を前に求心力の低下は必至だ。分裂選挙となった自民は4月の衆参3選挙の敗北や7月の東京都議選の不振に続き、厳しい結果となった。新型コロナウイルス感染拡大も響いたとみられる。

 投票率は49・05%で、前回2017年を11・84ポイント上回った。山中氏は約50万票を獲得し、約32万票の小此木氏に約18万票の差をつけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事