河野氏、総裁選出馬を正式表明 原発再稼働容認へ転換
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 河野太郎行革相
 河野太郎行革相 記者会見で自民党総裁選への立候補を正式表明する河野行革相=10日午後、国会

 河野太郎行政改革担当相(58)は10日、国会内で記者会見し、自民党総裁選への立候補を正式表明した。岸田文雄前政調会長(64)、高市早苗前総務相(60)に続き3人目。エネルギー政策については、安全が確認された原発の再稼働が現実的だとの認識を示した。河野氏は脱原発を訴えてきたが、党内には異論が根強い。総裁選での支持拡大のため再稼働を容認した形だ。森友学園を巡る財務省の決裁文書改ざん問題の再調査は「必要ない」と否定した。

 小泉進次郎環境相は河野氏を支援する意向を固めた。週明けに正式表明する方針。関係者が10日、明らかにした。

 総裁選は17日告示、29日投開票。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事