野田氏「森友問題は調査が必要」 女系天皇にも言及
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 自民党総裁選の所見発表演説会で演説する野田幹事長代行=17日午後、東京・永田町の党本部

 自民党総裁選に立候補した野田聖子幹事長代行は17日の共同記者会見で、森友学園を巡る財務省の決裁文書改ざん問題について、再調査が必要との考えを明らかにした。安定的な皇位継承策の検討に関しても、皇室典範では認めていない母方が天皇の血筋を引く女系天皇は選択肢に入ると言及した。河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相はいずれも否定的な見解を示し、主張の違いが鮮明になった。

 森友問題について野田氏は「絶対にあってはならず、多くの国民が納得していない。反省して二度と起きないようにするため、調査をする必要がある」と明言した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事