女性の政治参加へ財政支援 野田氏、候補擁立を促進
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自民党総裁選に立候補した野田聖子幹事長代行は19日、報道各社のインタビューに応じた。女性の政治参加を促進するため、女性候補擁立を決めた地方支部に対し、党本部から提供する資金を上乗せする考えを示した。「女性候補増加の流れをつくるのが党の仕事だ」と強調した。

 議員定数の大幅削減の必要性も主張し「有権者が一番納得できないのは衆院の比例復活当選だ」と指摘。一案として比例定数削減を挙げた。

 選択的夫婦別姓に賛成する考えを重ねて表明。「これだけ議論しても答えが出ないなら、党議拘束を外し議員の思想信条に基づき議論するのが大切ではないか」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事