首相、日中関係改善に意欲 王外相と官邸で会談
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 会談を前に中国の王毅国務委員兼外相(左)と握手する安倍首相=16日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は16日、中国の王毅国務委員兼外相と官邸で会談し、日中関係改善に意欲を示した。5月の日中韓首脳会談に合わせて中国の李克強首相が来日することに触れた上で「戦略的互恵関係の下、さまざまな分野で日中関係を発展させていく契機としたい」と強調した。

 これに対し、王氏は「中日関係の改善はこの地域の平和と安定のために重要だ。長期的な観点から両国関係の改善のプロセスを推進しなければならない」と応じた。

 安倍首相は、17日から訪米してトランプ米大統領と北朝鮮の核・ミサイル問題を巡って会談すると説明。両氏は北朝鮮の非核化に向けて緊密に連携する方針を確認した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事