9月の日朝首脳会談調整 政府、ロシア極東の国際会議で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 安倍晋三首相、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(新華社=共同)
 安倍晋三首相、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(新華社=共同) 安倍首相と面会する拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(中央)、横田早紀江さん=14日午後、首相官邸

 政府は、9月にロシア極東ウラジオストクで開かれる東方経済フォーラムに北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が出席する場合、安倍晋三首相との首脳会談実現を目指し、調整に入る方針を固めた。正恩氏が12日の米朝首脳会談で「首相と会う可能性がある。オープンだ」とトランプ大統領に述べ、日朝会談に前向きな考えを示していたことも判明した。日本政府関係者が14日、明らかにした。政府は日本人拉致問題の進展へ北朝鮮側との交渉を本格化させる。

 ロシアは同フォーラムに正恩氏を招待。首相も出席する予定だ。拉致問題の進展につながるかが最大の焦点となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事