参院6増法案、衆院委で可決 与党が採決強行、野党は反対
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 参院定数を6増する公選法改正案を可決した衆院政治倫理・公選法改正特別委=17日午前

 参院の選挙制度改革を巡り、定数を6増する自民党提出の公選法改正案が衆院政治倫理・公選法改正特別委員会で17日、与党の賛成多数で可決された。野党は採決に抵抗したが、与党は強行した。衆院本会議でも速やかに成立させる。野党は、特別委の平沢勝栄委員長(自民党)の不信任動議を提出したが、否決された。22日の会期末をにらみ、終盤国会の攻防が激化した。

 17日の特別委では、隣接県同士を一つの選挙区とする「合区」を維持した上で、比例代表に事前に決めた順位に従い当選者を決める拘束名簿式の「特定枠」を一部導入することに野党側から批判が続出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事