野党、国交相不信任案提出で調整 今国会2度目、豪雨への対応で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 立憲民主、国民民主、共産など野党6党派は18日、西日本豪雨への対応が不十分だとして、石井啓一国土交通相の不信任決議案を衆院に提出する方向で調整に入った。提出されれば石井氏への不信任案は今国会2度目。6月には、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案への対処を理由に出されたが、衆院本会議で否決された。

 与党は、既に議決した同じ議案を同じ会期内には審議しない「一事不再議」の原則を主張するとみられ、本会議に上程されるかは不透明だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事