参院6増法が成立、比例に特定枠 来夏の参院選から適用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 衆院本会議で参院定数を6増やす改正公選法が可決、成立し、拍手する安倍首相(奥中央)ら=18日午後

 参院選「1票の格差」是正を巡り、定数を6増やす改正公選法が18日の衆院本会議で自民、公明両党の賛成多数により可決、成立した。合区選挙区を維持する一方、比例代表の一部に拘束名簿式となる「特定枠」を設けたのが特徴。野党は「身を切る改革に逆行する」と反発したが、与党は採決に踏み切った。来夏の参院選から適用される。

 改正後の参院議員定数は現行の242から248に増える。参院の定数増は、沖縄の本土復帰に向けて沖縄選挙区を新設し、2増した1970年を除けば戦後初めて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事