カジノ、19日に内閣委採決 与党方針で攻防激化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 参院本会議で解任決議案が否決され、議場に一礼する柘植芳文内閣委員長=18日午後 

 与党は18日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案の参院内閣委員会での採決を見送った。19日の質疑後に採決する方針で、賛成多数により可決後、本会議へ緊急上程し、同日中にも成立させたい考えだ。野党は阻止に向け、衆院への内閣不信任決議案の提出も視野に入れており、国会最終盤で与野党攻防は激化している。

 参院は18日午前の本会議で、野党が17日に提出していた法案担当の石井啓一国土交通相に対する問責決議案を与党などの反対多数で否決した。

 午後には、野党が提出した柘植芳文内閣委員長(自民党)の解任決議案を否決した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事