国会、20日に事実上閉幕 野党、内閣退陣要求へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 衆院本会議で解任決議案が否決され、一礼する古屋圭司衆院議院運営委員長=19日午後

 野党6党派は19日、安倍内閣に対する不信任決議案を20日に衆院に提出する方針を固めた。森友、加計学園問題など相次いだ政権不祥事や国会軽視の姿勢を理由に安倍晋三首相に退陣を求める。自民、公明両党は同日の衆院本会議で否決する。通常国会はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案が20日に成立する見通しで、事実上閉幕する。

 立憲民主、国民民主、共産、自由、社民の野党5党と衆院会派「無所属の会」の国対委員長らは19日、不信任案提出を巡り国会内で協議。20日の党首会談で正式に合意する段取りを描いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事