五輪のサマータイム導入に慎重 菅氏「国民生活へ影響」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 菅義偉官房長官は30日の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策のため国全体で時計の針を1~2時間進めるサマータイム(夏時間)制度を導入する案について慎重な姿勢を示した。「一つの提案として受け止めるが、国民の日常生活に大きな影響が生じる」と述べた。

 暑さ対策として、競技開始時間の前倒しや沿道の緑化などを実施すると説明。「ハード、ソフト両面で総合的な対策を徹底する」と強調した。

 サマータイムを巡っては、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が27日、安倍晋三首相と会談し、導入に向けた法整備を要望した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事