河野氏、北朝鮮に日本の立場伝達 シンガポールで外相が短時間接触
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 シンガポールで記者団の質問に答える河野外相=3日(共同)

 【シンガポール共同】シンガポール訪問中の河野太郎外相は3日夜(日本時間同)、北朝鮮の李容浩外相と短時間接触し、日本政府の基本的立場を伝えた。拉致、核、ミサイル問題を解決して不幸な過去を清算し、国交正常化を目指す考えを説明したとみられる。接触後、河野氏が記者団に説明した。北朝鮮側の反応については明らかにしなかった。

 米朝首脳会談後、日朝間のハイレベル接触は初めて。東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議の参加者が集う夕食会の前後に実現した。外務省関係者によると、接触は立ち話の形式で、着席をしての正式な会談には至らなかったとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事