国民民主代表選、22日に告示 野党共闘巡り論戦へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 国民民主党の玉木雄一郎共同代表、津村啓介元内閣府政務官

 国民民主党は22日、代表選挙を告示する。投開票日は9月4日。玉木雄一郎共同代表(香川2区、衆院当選4回)と津村啓介元内閣府政務官(比例中国ブロック、同6回)が立候補を表明している。選挙戦になれば、来年夏の参院選を見据えた野党共闘などを巡り論戦が展開される見通しだ。

 立候補に必要な推薦人は国会議員・地方議員各10人。玉木氏は既に確保したが、津村氏は推薦人集めを継続している。当初は9月下旬の代表選を想定していたが、自民党総裁選(9月20日投開票)に埋没するのを防ぐため前倒しした。論戦を通じ注目を集め、低迷する党勢回復につなげたい狙いがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事