カジノ管理委員会、来夏発足 19年度概算で95人要求
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 統合型リゾート施設(IR)内につくるカジノの規制を担う「カジノ管理委員会」を巡り、政府が2019年7月1日に発足させる方向で調整に入ったことが29日分かった。19年度予算の概算要求で、職員を95人規模とするなど関連経費60億円を盛り込んだ。

 管理委は、7月に成立したIR整備法で規定。カジノが適正に運用されているかを監督し、ギャンブル依存症対策も担う組織だ。IR実現に向けた政府の態勢づくりの一環。

 管理委は特定の大臣の指示を受けず、事業者の法令違反があった場合に免許を取り消せるなど独立した権限を持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事