首相、日朝対話推進で一致 訪朝の韓国特使と面会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 面会前、韓国特使団メンバーの徐薫国家情報院長(左)と握手する安倍首相=10日午前、首相官邸

 安倍晋三首相は10日、先に北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談した韓国特使団メンバーの徐薫国家情報院長と官邸で面会し、会談結果の報告を受けた。両氏は南北、米朝と並行して日朝間の対話を進めるのが望ましいとの認識を共有した。徐薫氏が面会後、記者団に明らかにした。

 面会冒頭、首相は「訪朝から間を置かずに来日していただいた。日韓関係は極めて緊密になった」と歓迎。徐薫氏は「文在寅大統領は、両国が意思疎通と協力をより一層強めるべきだとの考えだ」と応じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事