政府が地震死者数を41人と訂正 菅官房長官が説明

 菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で、北海道地震による死者数を44人から41人と訂正した。死者数が3人減少した理由について「北海道庁から地震による死者とは認定しないと連絡を受けた」と説明した。

 10日の会見では「これまでに把握している人的被害は死者44人」と公表していたが、菅氏は12日「災害規模の早期把握という観点から最新の数字を取りまとめて公表した。警察から災害の可能性のあるものとして提供を受けた」と釈明した。

 菅氏は訂正したことについて「誤っているとは思っていない。警察から私どもに報告があったわけだし、実際に亡くなっていたことも事実だ」とした。

関連記事
全国ニュース > 政治の記事