公明・山口代表が6選 井上幹事長の処遇焦点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 公明党の山口那津男代表
 公明党の山口那津男代表 公明党代表選で6選が確定し記者会見する山口代表=19日午後、東京都新宿区の党本部

 任期満了に伴う公明党代表選は19日、立候補の受け付けが締め切られ、ただ一人届け出た山口那津男代表(66)の6選が確定した。30日の党大会で承認される。今後は山口氏と共に党務を担ってきた井上義久幹事長(71)の処遇が焦点となる。

 代表任期は2年。山口氏は6選確定後に党本部で記者会見し「党の態勢を固め直し、来年の統一地方選、参院選という大きな戦いに総力を挙げたい」と強調。20日に自民党の新総裁が選出された後に自公党首会談を開き、連立政権の基本方針を確認する考えも示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事