沖縄の玉城知事、首相に面会要請 辺野古移設巡り県民憤りと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ハガティ米国大使との会談後、取材に応じる沖縄県の玉城デニー知事(中央)=31日午後、東京都千代田区

 沖縄県の玉城デニー知事は31日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で11月1日にも海上での関連工事が再開される見通しとなっていることに関し「多くの県民が政府に非常に強い憤りと失望を持っている」と述べて反対の意向を示した。安倍晋三首相に面会を要請していることも明らかにした。出張先の東京都内で記者団の取材に答えた。

 玉城氏によると、事務方を通じ、菅義偉官房長官を含め31日の協議を要請したが、日程上の理由で実現しなかった。引き続き要請しているという。

 西村康稔官房副長官は31日、玉城氏の面会要請について「双方の調整がつけば会う」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事