政府、台風24号を激甚指定へ 全国で農業被害
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 10月1日、台風24号による塩害で枯れたキャベツの苗=静岡県湖西市

 政府は15日、9月末から10月にかけて列島を縦断した台風24号による全国の農業被害を、近く激甚災害に指定すると発表した。道路など公共土木施設の復旧では、鹿児島県伊仙町を「局地激甚災害」に指定する。被害状況の精査を進め、年内に閣議決定する。

 激甚災害に指定されると、被災自治体が実施する農地や農道、ため池などの復旧事業で、国の補助率が1~2割程度引き上げられる。

 台風24号の暴風で、静岡県を中心に大規模停電が発生したほか、各地で農業用ハウスが飛ばされる被害が出た。内閣府によると、農業分野の復旧事業の見込み額(11月13日時点)は63億円で指定基準を上回った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事