保健所がはしか発生病院公表せず 大阪・池田、「追跡できる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 はしか患者が出た大阪府箕面市の箕面市立病院から公表するかどうか1月下旬に問い合わせを受けた池田保健所(同府池田市)が「患者が接触した先が不特定多数ではなく、個別の調査で追跡できる」と返答し、非公表にしていたことが14日、取材で分かった。同保健所は「対応に問題はなかった」としている。

 はしかは感染力が非常に強いとされる。同病院では既に複数の患者が出ており、感染が広がっていると判断。病院自ら箕面市内の他の医療機関に対し情報提供した。

 池田保健所のホームページでは2月8日付で住民へ注意を呼び掛けているが、エリアや医療機関の内訳は明らかにしていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事