AIで胃がん診断実証、福島 病理医不足対策に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 福島県立医大(福島市)は15日、人工知能(AI)を使い胃がんを診断するシステムの実証実験を、全国に先駆けて、県立医大病院を含む県内7病院で始めると発表した。25日から本格運用する。診断の精度を高めるとともに、細胞などを観察し診断する病理医の不足に対応する狙いだ。

 システムは、日本病理学会が開発。スキャナーで、患者の胃から採取した組織や細胞からつくられたガラス標本を画像データ化し、同学会のAIにがんかどうかを判定させる。

 約千件の胃がんなどの組織を学習させており、がんとそれ以外を正しく判別する確率は約80%、がんを見落とさない確率は約95%だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事