NY、はしか非常事態宣言 予防接種を義務化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク市ブルックリン地区ではしかの大流行が始まったとして、デブラシオ市長は9日、同地区の一部に公衆衛生の非常事態を宣言した。対象地域に住み、感染する可能性がある人に予防接種を義務づけ、従わなければ千ドル(約11万円)の罰金を科す。

 ニューヨークでは2017年の感染者が2人だけだったが、AP通信によると、ブルックリン地区を中心に昨年9月以降、250人以上がはしかに感染した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事