温室ガス正確算定へ新指針 京都のIPCC総会で合意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 新たなガイドラインについて説明するIPCCの李会晟議長(中央)=13日午前、京都市

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は13日、地球温暖化を招く温室効果ガスの排出量をより正確に算定するための新たなガイドラインを発表した。2006年にまとめた現行版で考慮されていなかった水素製造に伴う排出量の計算方法を盛り込むなど、最新の知見を踏まえて見直した。京都市で開いたIPCC総会で最終日の12日、各国が合意した。

 各国はIPCCのガイドラインに沿って化石燃料の消費量などを基に温室効果ガスの排出量を計算し、国連に報告している。パリ協定の本格始動を来年に控え、実効性のある対策導入のため、より正確な排出量の把握が求められていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事