栃木「プラごみゼロ」共同宣言 全国初、県と全25市町
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「栃木からの森里川湖プラごみゼロ宣言」を発表し、記念写真に納まる栃木県の福田富一知事(前列左から3人目)ら=27日午後、宇都宮市

 栃木県と県内全25市町は27日、深刻な海洋汚染につながるプラスチックごみの削減を県民や事業者に呼び掛ける「栃木からの森里川湖プラごみゼロ宣言」を発表した。県によると、都道府県とその構成自治体全てが共同で宣言するのは全国初。

 ペットボトルやレジ袋などのプラごみは年800万トン以上が海に流出していると推定され、魚介類などへの影響が懸念されている。川から海へ流れ込むことも多く、宣言は「上流の栃木県でも自分の問題として考える必要がある」とした。

 具体策として、県民にマイバッグの利用を呼び掛け、自治体は再生プラスチック用品を優先購入する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事