欧州でもはしか流行の兆し 世界で感染者増とWHO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ジュネーブ共同】世界的に感染が拡大しているはしかについて、世界保健機関(WHO)は29日、一定期間にわたり持続的な流行がない「排除状態」を多くの国で達成してきた欧州や旧ソ連諸国でも再び流行の兆しがあると発表した。

 WHOによると、世界全体で8月までに報告された今年の感染者数は36万4804人で、昨年1年間の35万236人を既に上回り、過去十数年間で最悪のペース。報告されていない例も多いとみられるため実数はこの数十倍に上ると、WHO当局者は推計している。

 欧州・旧ソ連諸国ではアルバニア、チェコ、ギリシャ、英国の4カ国が排除状態の認定を取り消された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事