史上初、女性ペアが宇宙船外活動 基地で電気設備交換
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 国際宇宙ステーションで船外活動をする2人の女性飛行士(左上)(NASAテレビから)

 【ワシントン共同】史上初となる女性飛行士だけのペアによる宇宙船外活動が18日、国際宇宙ステーションであった。米航空宇宙局(NASA)のクリスティーナ・コックさんとジェシカ・メーヤーさんが電気設備の交換作業に携わった。

 女性初の船外活動は1984年に実施。98年のステーション建設開始以降は、船外活動が2人一組で200回以上行われたが、いずれも男性が含まれていた。

 ステーションでは今年のノーベル化学賞の対象となったリチウムイオン電池の設置が進んでいる。電気設備の不具合で一部が使えなくなり、2人が交換に当たった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事