日本の目標「極めて不十分」 温暖化対策パリ協定で研究機関
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 COP25の会場近くで安倍首相のかぶりものを使って抗議する環境活動家=5日、マドリード(ロイター=共同)

 【マドリード共同】海外の研究機関でつくる「クライメート・アクション・トラッカー」は12日までに、気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の会場で、地球温暖化対策のパリ協定で30余りの国や地域が掲げる目標や政策の評価を公表。日本については、国内外で石炭火力発電所を推進していることなどを理由に6段階評価で下から2番目の「極めて不十分」と判定した。

 パリ協定は産業革命前からの気温上昇を2度未満、できれば1・5度に抑えることを目指しているが、各国の目標の水準では今世紀末に約3度上昇すると予測。目標の引き上げを求めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事