医師人件費、0・55%上げ 20年度の診療報酬改定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 政府、与党は13日、医療機関がサービスの対価として受け取る診療報酬の2020年度改定について、医師らの人件費や技術料に当たる「本体部分」を実質的に0・55%引き上げると決めた。医師の働き方改革を後押しするための費用として0・08%を含めた。政府関係者が明らかにした。

 診療報酬改定は20年度予算編成の焦点となっており、安倍晋三首相と麻生太郎財務相、加藤勝信厚生労働相らが断続的に協議した。薬の公定価格である「薬価部分」はマイナス1%程度とし、本体部分と合わせた診療報酬の全体でもマイナス改定とする方針で、最終調整している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事