アマゾンCEO、1兆円を基金に 気候変動対策で科学者らを支援
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アマゾン・コムのジェフ・ベゾスCEO(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米インターネット通販大手のアマゾン・コムの創業者で最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏は17日、気候変動対策の基金を設立し、100億ドル(約1兆1千億円)を拠出すると発表した。科学者や非政府組織(NGO)の取り組みを支援する。

 ベゾス氏が写真共有アプリ「インスタグラム」への投稿で明らかにした。「気候変動は地球にとって最大の脅威だ。破壊的な影響に立ち向かう人々と行動を共にしたい」としている。

 米誌フォーブスによると、ベゾス氏の保有資産は1299億ドルで世界首位。マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏らも気候変動対策に積極的だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事