イランから中国に新型肺炎感染者 モスクワ経由で上海に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【北京共同】中国寧夏回族自治区の中衛市当局は26日、イランから来た人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表し、詳細な移動経路を公表して濃厚接触者の情報を緊急に求めた。イランでは26日までに139人が感染し、うち19人が死亡、被害が広がっている。

 国籍や性別は不明。この感染者は19日にイランから空路モスクワに移動。20日夜に上海浦東国際空港に着いた。

 広範囲を移動しており、地元当局は飛行機や列車の座席、ホテル名や部屋番号に加え、列車の待合室でマッサージ椅子に座っていたことなども公表。飛行機や列車ではマスクをしていたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事