医療機器介した接触感染か、大分 クラスター発生の疑い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大分医療センター(大分市)で発生したとみられる新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)は、医療機器などを介した接触感染が原因になった可能性があることが27日、大分県への取材で分かった。県は厚生労働省のクラスター対策班と共に、感染経路の特定や対策の検討を急いでいる。

 県などによると、感染経路には、せきや会話で飛び散るしぶきによる飛沫感染のほか、汚染された手などを介した接触感染が挙げられる。センターでは、医師や看護師らのマスクの着用は徹底されていた。電子カルテの入力に使うタブレット端末などにウイルスが付着し、受け渡す際に感染が広がった可能性が浮上した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事