都立の休校措置、GWまで延長 入学・始業式は規模縮小
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京都教育委員会は1日午後、都内での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて臨時会を開き、都立の中等教育学校や高校などの休校措置を大型連休最終日の5月6日まで継続することを決めた。入学式や始業式は規模を縮小し、感染予防策を講じた上で実施。休校中は自宅学習のために情報通信技術(ICT)を活用するとしている。

 公立の小中学校を所管する市区町村についても、都の取り組みを参考にすることを強く要請。学校を再開する場合は感染予防を十分講じるよう求めた。特別支援学校では、自宅で過ごすのが難しい児童や生徒を学校で受け入れる態勢を整える方針。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事