米、感染死者数「予測下回る」 ピーク近いとトランプ氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は7日の記者会見で、米国の新型コロナウイルスの感染状況がピークを迎えつつあるとの認識を示した上で「当初の予測より死者はかなり少なくなる方向に推移している」と説明した。感染者と濃厚接触した人が仕事に復帰する場合の指針を8日にも公表する予定で、経済活動再開に向けた検討も政権内で本格化し始めた。

 ジョンズ・ホプキンズ大によると、米国の感染者数は約39万9千人、死者数は約1万2900人。

 政権は最終的な死者数を10万~24万人と予測してきたが、米疾病対策センターのレッドフィールド所長は予測値より「相当少なくなる」と指摘している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事