25都道府県が宿泊療養準備 新型コロナ軽症者、厚労相
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 加藤勝信厚生労働相は14日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症の軽症者や症状のない人の宿泊施設、自宅での療養に関し、25都道府県が取り組みや準備を進めていると明らかにした。

 感染者の急増に伴い病床が足りなくなる医療崩壊を防ぐため、厚労省は、医療機関では重症者を優先的に受け入れ、軽症者らは宿泊施設などでの療養を検討するよう都道府県に要請している。

 厚労省によると13日時点で、政府の緊急事態宣言の対象となっている東京や大阪などの7都府県に加え、福井、愛知、宮崎など18道府県も宿泊施設の確保や厚労省への相談など準備に着手している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事