大阪で88人感染、1人死亡 41人は同一病院
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪府は18日、10~100歳代の男女88人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。府内の検査で判明した感染者は1163人となった。入院していた70代女性の死亡も確認された。88人のうち41人は、大阪市の「なみはやリハビリテーション病院」の医療従事者6人と患者35人で、19日に市保健所が現地調査する。

 1日当たりの確認数は9日の92人が最多で、18日はそれに次ぐ多さとなった。なみはやリハビリテーション病院では15日の1人、17日の3人を合わせ、少なくとも45人の感染が判明している。同病院は15日から新規入院の受け入れを中止している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事