鳥取でNHK職員ら2人感染 20代ディレクター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 鳥取県は18日、鳥取市の20代男性と米子市の50代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は3人となった。NHK鳥取放送局は同日、感染した20代の男性は同局に所属するディレクターだと明らかにした。いずれも軽症。

 県によると、20代のディレクターは3月29日に日帰りで京都府に行き、今月1日と6日に鳥取市内でロケ取材をした。同局によると、14日の勤務後に発熱し、15~17日は自宅療養していた。

 50代男性は松江市の飲食店で発生したクラスター(感染者集団)の1人と5日に接触していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事